記事

電動自転車のしくみ

電動自転車は、バイクのように、動力で自動で走る乗り物ではありません。人間がペダルをこぎ、それをモーターの力で補助するというものです。乗っていれば電気の力で走ってくれるのではないのです。あくまでも「自転車」なのです。
それとは別に、モーターの力のみで動くタイプもあります。ペダルをこがずにアクセル操作だけで走るこのタイプは、フルアシスト自転車、電動自転車などと呼ばれています。見た目は自転車ですが、バイク(原動機付自転車)と同じというわけです。もちろん運転免許証が必要です。

以上のように、大きく2つのタイプがあるため、交通法規にも注意が必要です。
まず、前者の電力でアシストする電動自転車は通常の自転車と同じ扱いです。 運転免許証は不要ですし、ヘルメットの着用義務もありません。(義務はありませんが、安全を考慮するとヘルメットは着用をおすすめします)

後者のフルアシスト自転車には、注意が必要です。道路交通法上、自動二輪もしくは原動機付自転車に該当するという判断がされます。悪質な例ですが、前者のフルアシスト自転車を改造して、後者のフルアシスト自転車として販売した業者が逮捕されたということが過去にありました。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 関連情報