記事

ブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンの自転車に乗っている方も多いと思います。同社はクルマのタイヤメーカーとしても有名ですが、サイクルメーカーとしても大きな会社です。、
ブリジストンでは電動自転車たくさん販売しています。ホームセンターの売り場などでもたくさん並んでいるのを見たことがあると思います。
同社の電気自転車は「アシスタ」という名称です。電気によって動力を補助するという意味のアシスト(assist)からつけた商品名です。

ブリヂストン電動自転車には、さまざまなタイプが用意されています。登場依頼、年月がたちましたので、たくさんの種類があります。標準モデルの「アシスタライト」、小径の「アシスタリチウムコンパクト」の他に、子供乗せ専用の「アンジェリーノアシスタ」「アンジェリーノアシスタSP」といった種類があります。 それ以外のブリジストンの電気自転車には、カジュアルタイプの「ベガスE.A.」、スポーツタイプの「マリポーサE.A.mini」などがあります。

通常の自転車は、海外製も増え、たいへん安いものも多くなっています。しかし、電動自転車は技術的に難しいためか、日本製が多いです。そのためか、ブリヂストンの電動自転車では、リチウムイオンバッテリーを採用した標準モデルの「アシスタリチウム」、長距離乗車用の「アシスタスーパーリチウム」「A.C.S.L.」、毎日の利用に向いた通勤や通学用の「A.C.L.」など、さまざまな種類があります。
ほかには、耐久性を考慮したビジネスモデルの「アシスタビジネス」、三輪車タイプの「アシスタワゴン」と、豊富な品揃えになっています。ほんとうにブリヂストン製の電動自転車は、種類がたくさんありますね。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ おすすめの電動自転車